サイトカインの重要性と“パラクライン効果”

近年、幹細胞から分泌されるサイトカインの働きに注目が集まっており、サイトカインという言葉自体は一般の美容に興味のある方の間でも接する機会が増えてきました。

医療機関側に対するこれらの問い合わせは増加傾向にあり、医療分野における美容需要の高まりと密接な関係があります。

Vantage株式会社では、こういった需要の変化を鑑み医療関係者の皆様への資料提供と「ヒト臍帯由来幹細胞培養上清液」導入の方法についてのご相談を承っております。

詳しくは最下部「CONTACT」よりお問い合わせください。

目次

サイトカインの重要性

サイトカイン

これまで、組織・臓器の再生医療に関しては「幹細胞」の存在が非常に重要視され、優れた幹細胞はES細胞やiPS細胞のような万能細胞であることが非常に大きな意味をもっていました。

しかし,移植された幹細胞による組織再生のメカニズムはまだまだ不透明な面が多く、組織・細胞に対する作用や効果の研究はまだ完全に解明されているとは言えません。

そのような中で、幹細胞に存在する“パラクライン因子”が今非常に注目を集めるようになりました。

現在、再生医療の幹細胞移植にいたっては,幹細胞の分泌するサイトカインが非常に重要であり、これらが内在性幹細胞の数々を動員することで組織実質を再構築するのではないか、と考えられることが一般的となっています。

この仮説は組織再生における幹細胞の役割について、これまでにはない新たな視点を提示するものであったため、近年特にサイトカインを多く含有する培養上清液がクローズアップされるようになったのです。

サイトカインとパラクライン効果

実験

パラクライン(効果・作用)とは、細胞の分泌物が大循環を介し、遠方の細胞に作用する(エンドクライン)ではなく、近接する細胞や組織に直接拡散などにより作用することを言います。

細胞が分泌するエクソソーム、成長因子、サイトカインなどが、近接に存在している幹細胞にパラクライン的に作用し、老化や損傷などによって機能が低下した箇所に細胞を集めることによって、組織再生を起こすことが次第にわかってきました。

幹細胞自体の効果はもちろん、細胞自体が分泌する様々なエクソソーム、サイトカイン、成長因子や酵素などといった数々のタンパク質群が組織再生に重要な役割を果たしているという報告が相次いでなされていますが、その中でも重要な役割を牽引していたものがパラクライン効果だったのです。

ヒト臍帯由来幹細胞培養上清液には、数百にも及ぶエクソソームや成長因子、そして数々のサイトカインが含まれているため、パラクライン効果による組織再生・免疫力向上などの機能回復が期待されています。

培養上清液詳細

ヒト幹細胞培養上清液に関する内容は
コチラのページでも特集しております。

是非Vantage株式会社が提供する
「ヒト幹細胞培養上清液」について
御一読下さい。

お問い合わせは下記コンタクトフォームより
お願いいたします。

CONTACT

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and
Terms of Service apply.

目次
閉じる